公式X
公式tiktok

劇場版 アナウンサーたちの戦争

森田剛、橋本愛、高良健吾、安田顕、大東駿介、浜野謙太、水上恒司、藤原さくら、中島歩、渋川清彦、眞島秀和、古館寛治、小日向文世、遠山俊也

公式X
公式X
ムビチケ
報道は“真実”ではなかった――。今の時代にこそ伝えたい、アナウンサーたちの苦悩と葛藤の実話が映画化
作品紹介・物語
太平洋戦争では、日本軍の戦いをもう一つの戦いが支えていた。ラジオ放送による「電波戦」。ナチスのプロパガンダ戦に倣い「声の力」で戦意高揚・国威発揚を図り、偽情報で敵を混乱させた。そしてそれを行ったのは日本放送協会とそのアナウンサーたち。戦時中の彼らの活動を、事実を基に映像化して放送と戦争の知られざる関わりを描く。
国民にとって太平洋戦争はラジオの開戦ニュースで始まり玉音放送で終わった。奇しくも両方に関わったのが 天才と呼ばれた和田信賢アナ(森田剛)と新進気鋭の館野守男アナ(高良健吾)。1941年12月8日、大本営からの開戦の第一報を和田が受け、それを館野が力強く読み、国民を熱狂させた。以後、和田も館野も緒戦の勝利を力強く伝え続け国民の戦意を高揚させた。同僚アナたちは南方占領地に開設した放送局に次々と赴任し、現地の日本化を進めた。和田の恩人・米良忠麿(安田顕)も“電波戦士”として前線のマニラ放送局に派遣される。
一方、新人女性アナウンサーの実枝子(橋本愛)は、雄々しい放送を求める軍や情報局の圧力で活躍の場を奪われる。やがて戦況悪化の中、大本営発表を疑問視し始めた和田と「国家の宣伝者」を自認する館野は伝え方をめぐって激しく衝突する。原稿を読む無力さに苦悩する和田。妻となった実枝子はそんな和田を叱咤し、自ら取材した言葉にこそ魂は宿ると激励する。しかし和田は任された学徒出陣実況をやり遂げようと取材を深めるもその罪深さに葛藤するのだった。そして館野もインパール作戦の最前線に派遣され戦争の現実を自ら知る事になる。戦争末期、マニラでは最後の放送を終えた米良に米軍機が迫る。そして戦争終結に向け動きだした和田たちにも…。

戦争を語る人がますます少なくなっている現代、 本作を通してまた新しいアプローチの考察と共感、そして感動を呼び起こし、決して風化させてはいけない戦争の事実に目を向けてほしいと願い、映画化の運びとなった本作。 先人の苦悩は、現代を生きる私たちにとって学びになっているのか。政治・経済・社会状況、そしてエンターテイメントにおいても、なお連綿と受け継がれる「不都合な真実の隠蔽」と「不条理な大衆扇動」がまだそこには、ある。
本作が映画化となり、戦時中における放送と戦争の知られざる関わりを通して、そこに関与する人間たちの苦悩を私たちは突き付けられるだろう。
出演

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

コメントを見る

和田信賢 役
森田剛
役柄:戦前から全国的人気があった伝説のアナウンサー。
相撲や野球の実況放送、ニュース、朗読、演芸番組など
幅広い分野で活躍し“不世出の天才”と呼ばれた。
Comment
終わった話ではなく、
今生きている自分達の話だと思います。
言葉の重さ、命の重さを受け取ってもらいたいです。
そして多くの人の目に触れてほしいと思っています。
和田実枝子 役
橋本愛
役柄:戦前の1939(昭和14)年に入局した
女性アナウンサーの草分け。
Comment
このたび映画館で上映されること、
心から嬉しく思います。
戦争のために、私たちの命も、メディアも、
すべてが支配されることの恐ろしさ、
そして憤りを感じながら演じたことを思い出します。
今も世界を見渡せば、
そのあまりの残酷さに胸が張り裂けそうになります。
スタッフもキャストも、
きっと全員が全身全霊を込めて取り組んだ作品です。
どうか届きますように。
館野守男 役
高良健吾
役柄:開戦臨時ニュースを読み一躍名をあげた若手アナ。
Comment
言霊という言葉があるように、
言葉には凄まじい力があります。
その言葉がどのように扱われ、利用され、
皆が信じていたものが崩れていったのか、この作品に関わる事で、
役を演じる事で、自分自身苦しい想いをした事を今でも思い出します。
今は結果が分かっているからこそ、
戦時中の事を様々な考えで、言葉で意見する事ができますが、
当時生きていた人達は今を必死に生きていくしかなかった。
『アナウンサーたちの戦争』は今の世に必要な作品です。
アナウンサーという職業を選ばなかった、
遠くに感じている方にも響くものが必ずあります。
当時放送されたものとは違う編集で劇場公開されます。
是非劇場でご覧下さい。
米良忠麿 役
安田顕
役柄:1931(昭和6)年に入局した和田信賢の先輩アナ。
面倒見がよく後輩から慕われ、
事務処理能力が高く開戦後に派遣された
マニラ局ではナンバー2として局長を支えた。
Comment
"言葉"という、誰もが持っているものが
人を救ったり時には凶器になったりすることを突き付けられる作品です。
学徒出陣。かつて、旧国立競技場で行われた
そのイベントの実況を拒否したアナウンサー役の森田剛さんが、
誰もいない雨の中、魂の言葉を吐露する箇所があります。
この作品のその一片に、そこの森田剛さんの魂の芝居に、心打たれました。
学徒が、出陣したんです。子供を、出兵させたんです。
人を、殺しに行かせたんです。
そこに、右も左も、上も下も、ありません。
それを肝に銘じたはずの戦後80年の只中に、
この国の我々は生きています。
この作品が届いて欲しいと願うのは、
とにもかくにも、その一片に至るシークエンスです。
あの瞬間を遺そうとする森田剛さんの演技です。
嘔吐に至るほどの言霊をぶち撒けるあなたの芝居に、
感情を揺さぶられました。ありがとう!!!
私的な言葉を、公に伝えてしまい、すみません。
いつかメールアドレス教えてください(笑)
日常の何気ない言葉の積み重ねに、その先があります。
争いごとが他人事ではなくなってきた現代だからこそ、
過去を知り今を見つめ、未来を考えるきっかけになることを願います。
是非、劇場でご覧ください。
志村正順 役
大東駿介
役柄:和田信賢の1期下の後輩。
戦後もNHKを代表するスポーツアナとして
活躍し続け野球殿堂入りした。
Comment
戦争が過去の話ではない、
他人事ではすまない〝今〟を生きる人間として、
放送に携わる人間として、痛いほど、
恐ろしいほど感情移入した作品です。
アナウンサー志村正順氏のアナウンス音源から伝わる
当時の〝今〟をしっかりこの作品に宿したつもりです。
是非劇場で受け止めて頂きたいです。
今福祝 役
浜野謙太
役柄:秘密裏にベトナムに派遣され、
偽ニュースで敵軍を攪乱する
謀略放送に従事したアナウンサー。
Comment
「おかえりモネ」でご一緒した一木さんからは並々ならぬ拘りを感じた。
僕は主だった役ではないが全力で付いて行こうと思った。
行き着けば、自分達への痛烈な批判になりうる表現は痛々しいけど、
ダイレクトに人の心を打つと思う。この作品がそうだ。
そこにはやり残された反省、
現在の僕たちにも身につまされる事があるからだ。
脚本を読んだ時、涙が止まらなかったし撮影時は幸せだった。
ここに参加出来た事、
とても光栄に思います。
朝倉寿喜 役
水上恒司
役柄:早稲田大学生。野球部主将。
1943(昭和18)年10月、神宮外苑の出陣学徒壮行会で送られ、
終戦の年、特攻隊員として飛び立つ。
Comment
ドラマから劇場版へ。
このような流れに成った作品に携わったのは今作品が初めてであり、
改めて作り手と見て下さる多くの方々のパワーを感じました。
私事でありますが、特攻隊員の役を人生で3度演じさせて頂きました。
戦争を語る上で特攻隊員は切っても切れない存在ですが、
まだまだフォーカスを当てるべき存在は沢山あると考えます。
今回はアナウンサー、です。
和田信賢の壮絶な葛藤を体感してください。
赤沼ツヤ 役
藤原さくら
役柄:学生時代は実枝子と同級生、
入局も1939(昭和14)年の同期だった女性アナウンサー。
Comment
圧倒的な「声の力」「言葉の力」を前に、
当時の人々が突き動かされていくのを
丁寧に描いたドラマが映画になりました。
あの力強いアナウンサーたちの声や眼差しを
劇場で目の当たりにすることで、
より深いところまでやさしさも、恐ろしさも、
胸に染み渡っていく体験になると思います。
私が演じたツヤは、厳しい戦争の中、
最後まで諦めずに女性のアナウンスを届けようとした女性でした。
強く、カッコよく、しなやかなツヤのように私も在りたいです。
ぜひ劇場で。
川添照夫 役
中島歩
役柄:和田信賢の後輩で多くのアナウンサーが戦争をあおる
情熱的な“雄叫び調アナウンス”になっていく中で、
「宣伝・情熱は危険だ」と勇気ある苦言を呈し続けた。
Comment
この作品が描く時代から現在に至るまで、
報道というものは実に多様に姿を変えていきました。
しかしその本質は変わっていないように感じます。
それどころかその影響力や効果は
益々強くなっているのではないでしょうか。
この作品は現実に起きたことに基づいています。
僕はこの作品に関わったことで報道の危うさを感じ、
報道と自分の関係を改めて考え直しました。
戦争の影響が広がる今にこそぜひご覧になってみてください。
長笠原栄風 役
渋川清彦
役柄:集金係からアナウンサーに転身した頭脳派。
オランダ領東インドのジャワ島への陸軍侵攻にあたって
“謀略放送”による電波戦を主導、敵を混乱させ大きな戦果を挙げた。
Comment
それぞれの武器で、それぞれのやり方で闘っていく。
銃や戦車や爆弾ではなく。
当時の事を想像したり今も残っている音に少し触れてみたりと、
勉強になりました。
そしてまた素晴らしい監督にめぐり逢え、またひとつ財産が増えました。
最後に、戦争のない世になりますように。
並河亮 役
眞島秀和
役柄:日本放送協会で海外放送を担当していた番組制作のホープ。
情報局発足にあたって、放送局とのパイプ役を求められ、
情報局情報官として出向。
Comment
メディアに関わる先人たちの
苦しみを描いた本作に参加出来たことは、
俳優として光栄です。
劇場での上映も楽しみにしております。
中村茂 役
遠山俊也
役柄:ラジオ放送開始の1925(大正14)年に入局。
青年将校らが官邸など政府機関を占拠した二・二六事件では
『兵に告ぐ』の名放送で投降を勧告したアナウンサー。
Comment
改めて観ました、
「エンターテイメントとして面白い!楽しんでください!!」
と単純には言えませんでした。
登場人物はみんな良かれと思って行動している、
良い方に向かえと言葉を発している。
悪い人はひとりもいないのに悪魔は生まれてくる。
でも私は、この後味の悪さを感じていたい、
「信用できる言葉」とはなんなのかを考えたい。
当時よりさらに深刻で複雑で難解かもしれない今、
現在だからこそお薦めしたい真実の作品です。
松内則三 役
古舘寛治
役柄:野球や相撲など
日本のスポーツ実況放送の原型を作ったアナウンサーで
講談調の実況が全国的に大人気だった。
Comment
劇場公開おめでとうございます。
このような意義深い作品がテレビ放送だけでなく劇場でも公開される。
素晴らしいことです。
人は個人では誰もが戦争を嫌うのに、
それが社会になるとやがて戦争に傾いていき、
個もそれに加担し協力せざるを得なくなる。
その不可思議を誰もが考え続けることが大切なのではないか?
それを促す役目を物語は担える。
そんな作者の気概が伝わってくるような作品です。
ぜひ!
下村宏 役
小日向文世
役柄:終戦の年1945(昭和20)年4月、
情報局五代目総裁に就任。
直前まで日本放送協会の会長を務め和田信賢アナを信頼していた。
Comment
ラジオは、困っている人に呼びかけられる、
知らない国の知らない人たちにいろんなことが伝えられるという思いで始まり、
アナウンサーたちが「前畑頑張れ!」
のオリンピック中継など華々しく活躍するようになりました。
一方で、アナウンサーたちが戦争という時代に巻き込まれ、
散り散りになっていく歴史もありました。
戦争がなくならない今の時代だからこそ、
いろんな思いで見ていただけたらと思います。
人物相関図